寝ながらダイエットに欠かせない「睡眠の質を高める」低反発枕を紹介

「寝るだけダイエットの、寝て痩せるメカニズム。睡眠と成長ホルモンの深い関係。」に、詳しく記しましたが、睡眠とダイエットには深い関連性があります。

平均的な一般女性の場合、一晩寝ることで約300キロカロリーのエネルギーを消費します。また、カロリー消費だけではなく、寝ている時間に分泌される成長ホルモンは別名「痩せホルモン」と呼ばれています

この「痩せホルモン」を効率的に分泌させるためには、質の高い睡眠が重要になってきます。
ダイエットには質の高い睡眠が重要

Sponsored Link

痩せやすい体質へ!睡眠の質を向上させる低反発まくら

医師が考案した低反発枕「お医者さんのぐっすりまくら」は、寝ている姿勢で首をしっかり支えるることによって、自然な頚椎のカーブを保つことができます。
立っている時の理想的な頚椎のカーブを維持することで、快適な睡眠を十分とることが可能になります。

熟睡できる枕


低反発まくらを試した動画はコチラ

実際に、低反発枕を使用した動画があります。沈み込み具合を確認することができます。