寝るだけ・寝ながらダイエット!熊田曜子デザイン骨盤矯正で代謝アップ


寝るだけでダイエットができたら最高ですね!

しかし、そんなに甘くありません。
寝れば寝るほど痩せるんだったら、ダイエットは必要なくなりますね。

もっと、正確に言うと、
食生活を見直して、
運動量を少し増やしたうえで、
寝ながらダイエットも一緒にすれば、効果が大きくなります。
つまり、寝るだけダイエットではなくて、寝ながらダイエットです。

もうひとつ、注意して欲しいのが、自分は痩せにくい体質だと感じている人。
もしかしたら、生活習慣や出産などによって、骨盤にゆがみが生じて、痩せにくくなっているのかもしれません。
そんな人には、寝ながらダイエットを試してみる価値があると思います。


寝ながらダイエットはこんな人におススメ

簡単にまとめると、寝ながらダイエットはこんな人におススメ!

  • ただいまダイエット中の人
  • 他のダイエットで効果が出なかった人
  • 自分が痩せにくいと感じている人
  • 出産後に体形が変わってしまった人
  • ちょっと運動不足な人
  • 代謝が悪く冷え性な人



太る?痩せる?とってもシンプルなダイエットのメカニズム

なぜ太ったり、痩せたりするのでしょうか?

  • 一日に摂取した総カロリー量
  • 一日に消費したカロリー量

摂取した量が、消費よりも多ければ、エネルギーが体内にストックされるため太ります。逆に、摂取した量が、消費よりも少なければ、ストックしてあるエネルギーを消費するため痩せます。

寝るだけダイエット

つまり、ダイエットをするためには、
飲み物や、食べ物で摂取するカロリー量を少なくする。
もしくは、運動や基礎代謝をあげて、
消費するカロリー量を多くする必要があります。

毎日、運動をするのは、簡単なようで難しい。
その代わり基礎代謝が高ければ無意識のうちにカロリーを消費してくれるため自然に痩せやすくなります。
基礎代謝はダイエットを助けてくれる救世主のような存在です。

骨盤のゆがみによって基礎代謝が落ちているかも?

よく耳にする、出産後に体形・体質が変わってしまうのは、骨盤が開くことが原因だと言われています。

    また、出産以外にも生活習慣で骨盤にゆがみを生じさせる原因はいくつもあります。

  • 重い荷物をいつも同じほうの手で持ってしまう。
  • 足を組むときに必ず同じ足を上に組んでしまう。
  • いつも同じ方向(横向きに)を向いて寝てしまう。

骨盤がゆがんでいると、全身でバランスをとろうとするため背骨もゆがんでしまい、姿勢も悪くなります。
下半身が太くなったり、お尻が垂れてくる原因にもなりかねません。
特に女性は出産をするために、骨盤が広く、開きやすいように柔軟にできているため、筋肉も衰えやすくゆがみが生じやすくなっています。

骨盤がゆがむと、リンパの流れが悪くなり、結果的に基礎代謝が落ちてしまいます。

寝ている間に骨盤のゆがみを矯正

タレントの熊田曜子さんがプロデュース・デザインした「骨盤サポートパンツ」が数量限定で販売しています。
2012年12月に第一子を出産した彼女も、一時は体重が16kgも増加したという。

出産直後は3kgしか減らなかったんですよ。あと13kgは私の肉?とビックリ(笑)。食事制限をするといい母乳が出なくなるので、和食中心を心がけました。
熊田曜子 産後8ヶ月-14kgダイエット「Yahoo!ニュース」より



出産後8ヶ月で14キロのダイエットに成功した熊田曜子さんは、ベストの体形に戻すためにあらゆることをしています。

      ・食事
      ・カロリー計算
      ・エクササイズ
      ・ヨガ

彼女が、試行錯誤を繰り返して実践した骨盤矯正もそのひとつ。
熊田曜子さんのような体形を手に入れることができるかも!

Twitterでも体験者の声が寄せられています。